マッサージベッドやエステベッドの選び方。

マッサージベッドのサイズや高さ、お色選びに役立つ情報を掲載しています。エステや整体など施術により、適切なベッドも変わってきます。
掲載している選び方は、診察台やエステベッドにも該当しますので、ぜひ、参考にしてください。

  • トップ
  • マッサージベッドライン『ここちeネッと』紹介
  • マッサージベッドラインでのご購入・お支払い方法
  • お見積
  • 資料請求
  • お問合せ
  • カートを見る

マッサージベッドの選び方

お客様が迷わずに、使用方法にあった商品を選ぶ参考になればと、マッサージベッドのサイズや高さの選び方を紹介しています。
診察台、リハビリ台、カイロベッド、ポータブルベッド、エステベッドをお探しの際には、ご参考にしてください。

マッサージベッドライントップ→商品の選び方

マッサージベッドサイズの選び方

ベッドのサイズは大きければ良いというものではございません。院内の広さを考慮し、先生方がアプローチする際に、もっとも最適なサイズを選択しなければなりません。

特にマッサージベッドの高さは、患者様にアプローチしやすく、先生方の腰に負担のかからない高さを選択してください。

目安となるベッドがなければ、テーブルなどをマッサージベッドに見たててシミュレーションを行ってください。ご注意いただく点は、患者様の身体の厚み分を想定する事を忘れないようにすることです。

高さ選びのポイント・アドバイス

ベッドの高さとは、床面から天板上部までの高さを表します。スタッフ一人一人にベッドを割り当てる場合、スタッフの身長や、施術内容を重視し、お選びください。

共同でマッサージベッドを利用される場合、各スタッフの身長にあわせた高さへ調節可能な【2cm間隔の5段切替式高さ調節機能付きベッド】がお薦めです。

【ここちe-ネッと】では先生の治療にあったベッドを数多く取りそろえております。キャンペーン商品につきましては、マッサージベッドラインTOPをご覧ください。

高さ調節機能

有孔加工のサイズ

下記のサイズが有孔加工の基本サイズとなります。うつ伏せ時の施術に欠かせない加工です。
マッサージベッドの有孔加工へ、直接お顔を置いていただいてもよいですが、患者さまの負担を軽減するよう補助用マクラやタオルをご利用いただくことをお薦めいたしております。

有孔加工サイズ

強度の選び方

一部商品を除き、ベッド強度の度合いによって価格も比例して高くなります。鍼灸治療から激しいマッサージまでを、1台で兼用される場合は、耐久性のあるベッドをお勧めいたします。

軽いマッサージでしかご使用されない場合は、わざわざ強度のある高額なベッドを購入する必要もございません。

ただし、強度的に余裕をもってワンランク上のベッドをご購入される方が無難です。(通常の施術には、等分布荷重300kg以上を推奨いたします。)


マッサージベッド機能の選び方

複雑な機能が装備されている商品は、当然価格的にもお高くなっております。それらの機能が先生方の治療用途にあえば、決して無駄なお買い物にはならないと思いますが、間違った商品選択をされないためにも、お時間をかけてゆっくりとお選びください。そして、お気軽に当社、マッサージベッドラインまでご相談ください。


レザー色の選び方

患者様にとって気軽に入りやすい治療院と、そうでない治療院の違いは、院内の雰囲気だといわれております。

ベッドカラー色はその中でも大きな役割を持っており、一般的には優しい色合いのパステルカラーが院内の雰囲気を和ませます。

待合いソファーからベッド、カバーまでを1色から2色に統一されたり、治療内容をベッドの色で区別されたり、院内の内装色に合わせた総合的なコーディネイトが求められます。

ここちeネッとでは具体的な人気色などをアドバイスいたします。


マッサージベッドラインは、診察台やエステベッド、リハビリ訓練台など治療・施術マッサージベッドの格安販売店です。

copyrigth(c) Massagebed Line INC.all rights reserved.